乳酸菌が身体に良いものだ…

こんにちは。乳酸菌が身体に良いものだということはよく知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。これも本当かもしれません。その理由は、体質には個人差があるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、すぐに効果の出るお薬ではないからです。一度試して自分に合うかを確認してから考えてみてください。アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、症状の改善に役立つ可能性があるのです。腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。そしてこのIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギーを発生させることになるのです。これがアトピーの原因だとされているのですが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザといったものに感染をし、熱が出た後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状を起こしてしまうのがインフルエンザ脳症というものになります。インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治った後に後遺症が残ってしまう場合もありうるのです。実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果があるといわれています。1年程度前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。うちの娘が受験を控えておりましたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが断然いいそうです。インフルエンザの感染が判明すると学校などに5日間出席することができなくなります。インフルエンザに感染した際でも、発熱は数日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。たとえ熱が下がっても、体の中にはにウィルスが含まれており、うつしてしまう場合があります。とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染予防には大事なことです。便秘にいい食べ物は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品などをさしています。頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態に落ち着いています。少しでも早く、この状態を解放して、トイレにいきやすくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。それでは、今日はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です