というよりも、インフルエ…

おつかれちゃん。というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの知られています。大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、その状態が3日から7日続きます。型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に、小さな違いがあります。時として、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、油断できない感染症です。いわゆる乳製品でなくても、含んだ食品が存在することを知り、乳酸菌について調べてみました。いろいろ探してみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。これは常識なのですか?私は30年以上生きてきて、とても驚いた事実です。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に伺いました。注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射針を注入されています。予防接種終了後は怖かったーと表現していました。見ているからさらに怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も言うことができませんでした。

少し前に、インフルエンザになってしまって病院に診てもらいに行きました。潜伏期間はどのくらいなのか明確ではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染してしまったのかなと思っています。3日間発熱し続け大変苦しい思いをしました。高い熱が熱発するインフルエンザなので、通常の風邪より辛いですね。

便秘に効く食料品は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品などをさしています。ひどい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態に至っています。とにかくこの状態をなくして、便を出やすく柔らかくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で整えるといいでしょう。

アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも減っていて、肌の水分を保つ力やバリア機能が低くくなっています。補い健康状態にするには、保湿がかなり大事です。それ故に、お肌を守って、保湿剤を使用しなければならないのです。それでは、今日はこの辺で。有り難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です